お金を稼ぐためにデリヘル嬢として働いていたあの頃のことを懐かしいと思い、ほくそ笑んでみる

デリヘルで稼いでいた過去を見返してみる

デリヘル嬢という過去

栄町のデリヘル経験者は散財する女性が多いかも

投稿日:2016年7月22日 更新日:

栄町のデリヘル経験者は散財する女性が多いかも栄町のデリヘルでバイトするキッカケで一番多いのは金銭的に稼ぎたいという人がほとんどではないでしょうか、何故金銭的に困ったのかとか、デリヘルで収益を得て何に使いたいという問題は個々の女性により違うのですが『稼ぎたい』と思って栄町のデリヘル嬢になっているのは間違いありませんよね。

デリヘルのアルバイトを始めて最初は本人も予想以上に緊張したなんて話も多くありますが、ほとんどの女性は出勤も3日目になれば完全に馴れてしまっているのに気が付きます。

もちろんデリヘルの仕事に馴れたといっても初対面の男性の前で躊躇無く全裸になってプレイに前向きになれるという意味での『馴れ』であって、テクニックとかは完全に別問題ですけどね。

栄町のデリヘルで働き始めて10日も出勤した頃には入店時とはメンタル的にかなり違ってきます。

デリヘルで働いた当日に今までに無い高額なお給料が手元に入る為に、金銭的に先行きの不安感がまるで違ってくるのです、予想しているより短期で目標額の目処が立ち始める為に、気持ちにゆとりも出てくるという訳ですね。

そして栄町のデリヘルで働き始めて1ヵ月をした頃には完全にデリヘル嬢として不安要素はなくなっているのを自覚します、どの仕事でもそうですが、慣れてくれば体力的にも精神的にも余裕がでてきます、帰宅時に前からちょっと気になっていた高級財布やブランドバッグなんかも手にとって見てみれば、やはり欲しくもなりますよね。

財布の中の金額をみれば栄町のデリヘルで働いて得た収益があるだけに、数万円の品物ならば『今このお金を使ってしまっても明日出勤すればまたお金は入るし。』という考えから、衝動買いをしてしまう女性も珍しく有りません、一般的なサラリーマンの昼食に掛かる目安といえばワンコイン(500円)程度と節約していたのが当たり前なのに、時間の都合をつけて栄町のデリヘルで働いていれば毎日がお給料日という気持ちから『たまには高級ランチでもいいかな』と、栄町のデリヘルで働く時間の経過と共に節約していた頃とは大きく財布の紐がゆるんでいくという生活をしていくのです。

そして『いつまでも風俗では働けない』と喫緊の金銭問題が解決した頃には誰もが思う事ですが、金銭感覚の麻痺は女性が思うほど簡単に基には戻りにくいだけに、一度デリヘル嬢を辞めても出戻りする女性も多い理由の一つなのかもしれませんね。

普通の仕事で生活していればお金の苦労は少なからずありますが、栄町のデリヘルなら簡単に稼げるというのを知っているだけに、もう一度だけ必要な金額だけでもバイトしようと出戻りをする女性の気持ちも判らなくもないですが…

-デリヘル嬢という過去

Copyright© デリヘルで稼いでいた過去を見返してみる , 2017 AllRights Reserved.