デリヘルで稼いでいた過去を見返してみる

お金を稼ぐためにデリヘル嬢として働いていたあの頃のことを懐かしいと思い、ほくそ笑んでみる

*

デリヘルの上がりどきを逃さないために

デリヘル嬢として働き出す理由は、自分の欲を満たすためだったり、借金の返済だったりと理由は人それぞれですね。では辞める時はというと、ある程度決まっていたりするものです。

デリヘル嬢の寿退社

一般企業と同じようにデリヘル嬢の子たちにも「おめでたい」上がり方はあるのです。彼氏としてお付き合いをしていた人がそのまま旦那さんになったいたってスタンダードなケース、お客さんだった人が旦那さんになっているケースもあれば、逆にデリヘルで働いていることがバレて止めさせるために結婚したというケースもあります。
それぞれに、デリヘルで働いていたことを内緒にしている人もいれば、完全にオープンにしている人もいます。順調にいく女の子はそのまま、子供ができて家族円満で幸せになっていきます。女の子がもともとエッチなことが好きな人が多いので、旦那さんに拒否されない限りはセックスレスなんて言葉はありません。むしろ今でも旦那さんと色々と夜のお楽しみも欠かさないようです。

将来のことを考えて

一度デリヘル嬢として働いてしまうと高収入になり、金銭感覚が変わってしまうので普通の仕事にはなかなか戻ることが難しいもの。それでも親のことを考えてどうしても後ろめたさが残っていたり、将来のことを真面目に考える子は、一般企業に就職していきます。お客さんの中には大手企業の社長さんや重役の方もりようしますからね、もしかしたらコネクションを上手に利用している子もいるかもしれませんが、意外とちゃんとした会社に入る子もいるものです。デリヘルでの接客を経験していれば、かなり気配りのできる新人として一目おかれる存在にもなるかもしれません。

自営業で女社長として

もともと働きだした理由が、自分の店を出したいという目標をもって始めた子にはしっかりと夢を実現させているような子もいます。ただでさえ忙しい専門学校に通いながらバイトをして、貯金をして、卒業してもまだ目標額には到達しないからさらにデリヘル1本で頑張って貯金して・・・という子。アロマやエステ、ネイルサロンなど、美容関係で頑張っている子が多いです。ただし、こうやって成功して女社長として頑張っているのは正直、一握りの子たち。途中で挫折して、あるいは結婚して安定を手に入れる子のほうが圧倒的に多かったりもします。
現在では、人妻店や熟女店もできて若いからこそできる仕事とも言い切れない時代になってきています。デリヘルの上がりどきというものは、結局人それぞれなんですよね。(笑)
デリヘルに興味があるならデリノートというサイトは使い易いですよ。

全ての女の子がこれのいずれかに当てはまるかどうかはわかりませんが、大まかに分けるとこのようになるのではないでしょうか。上記の他には、エロスに芽生えてしまってそのままAV女優をめざしてしまうなんて子もいます。もっと稼ぎたいからといって、他の店やソープランドとかけもちを始めてしまう子もいます。
性に興味をもったので、エロ動画の会社やアダルトグッズの企業などに就職を目指す子もいますがどれもその子の選んだ道なのです。
逆にやめようか迷っているという子には、お店のスタッフとしてはできれば残ってほしいもの。その子が人気嬢であればあるほど、あの手この手で在籍期間を伸ばそうと考えるものです。
まだ迷っているならもう少し余裕のある生活にするための貯金を貯めてからにすれば?などと持ちかけてくる事もあります。今しかできない仕事だから、もう少し貯金貯めるくらいなら全然大丈夫!!なんて軽い気持ちでそのままずるずると長居してしまうということも…お店としては助かりますし、女の子自身も貯金が貯まるので決して悪い事ではないのですが、それを良しとするかあの時辞めておけばよかったと後悔するかは女の子次第になるのです。
こういったことから、しっかりと目標を持っている女の子のほうが短期間で目標額まで達成する事ができるので、結果的に稼げるということにつながるのです。かといって、目標がないからといって絶対に稼げないわけではありません。仕事に対して真摯な姿勢であれば、絶対にお客さんはリピートしてくれるもの。
全てを決めるのは自分の行動なんですね。
一番避けたいのは『若い子はいいよね〜私なんてさ…』なんて指名がくるのは若さのおかげと毎日愚痴や昔の自慢話ばっかり言っているお局様になること。出勤してもほぼお茶を引いて帰るだけというのはとっても寂しいですからね。(笑)これだけは避けて、ぜひ幸せをつかんで欲しいものです。

公開日:
最終更新日:2016/06/07